ユーザ用ツール

サイト用ツール


setsuna:2015:1002

せつないときの掲示板

2015/10/12 00:24:42 : 今の僕は君のおかげ。 (タチコマ)

ありがとう。
本当にそれしか出てこない。
君の人懐っこさや独特の可愛さに惹かれて、僕は君を好きになった。
君は僕のなにを好きになってくれたのかな?
経歴、お金?
もしかしたら、誰でも良かったりしたのかもしれないね。
僕が告白して、『卒業の時にまだ好きだったら』って猶予期間があったのに、卒業より前に君から告白してきてくれて。
本当に嬉しかったよ。
でも、僕はこれが初めての恋だったんだ。
二人の時間が長くできた時、どうやって過ごしたらいいのかわからなかったんだ。
どうしてだろうね。
君の望む彼氏になりたくて、正解ばかり追い求めて、
なにも考えなくても2時間も電話できたのに、君の望む話題を考えるようになってからは、10分も会話が続かなくなって……
もう今は気づいていたんだ。
君の望む彼氏は、僕みたいな人じゃない。
でも、僕は君の理想になりたかったんだよ。
最後はすごく負担をかけたね。
自分を見失っていた僕は、君を離したくなくて。
僕から別れを切り出させてくれてありがとう。
ちゃんと君とさよならできたよ。
あれから、何度か君を見かけるんだ。
毎回、無視してごめんね。
話したくないほど嫌いって意味じゃないんだ。
本当に申し訳なくて、言葉が出ないんだ。
ちゃんと嫌いになって、別れた君だけど、
大切な経験をくれた君と懐かしい思い出は僕の大切な一部です。
僕は来年結婚します。
今日 君に逢えたのは、神様が話す機会をくれたのかもしれないね。
でも、僕はまた無視してしまった。
ごめんね。君が気づいたのもわかってたよ。
君の名前、僕は呼ばないって決めたんだ。
自分に自信がなくて、理想を演じた僕と共に君を忘れたんだ。
ありがとう。
今の僕があるのは間違いなく君のおかげです。
幼い愛しかたしか知らない僕を受け入れてくれた君。
次に会ったときには、伝えれるのかな。
ひと言だけ、ありがとう。それが伝えたい。
ありがとう。
感謝しか出てきません。
誰よりもあなたが幸せになることを祈ります。
僕ではない人と、僕の知らないところで
幸せに暮らしてください。

戻る

setsuna/2015/1002.txt · 最終更新: 2016/07/04(Mon.) 21:06 by miyamottsu